· 

【便利機能】ボイスワープを外出先から操作する方法

ボイスワープ(転送電話)の設定 リモートコントロール

 

【便利機能】ボイスワープを外出先から操作する方法

 

以前のコラム、【ひかり電話】オフィスの不在、休日の電話対応にボイスワープ(転送電話)の設定方法 ではボイスワープの基本設定・操作を解説しました。

 

 

今回はボイスワープの便利な機能のひとつである「リモートコントロール」の方法について解説していきたいと思います。

 

普段はオフィスを出る際にボイスワープを設定すれば良いのですが、設定を忘れてしまったり、すぐにオフィスに戻るはずだったが急用で戻るのが遅くなりそうな時などに、外出先からボイスワープの設定を操作することが出来ます。

 

 

外出先からボイスワープの設定が操作できます

 

 

 

では具体的な設定方法です。

 

操作手順

 

まず、外出先からボイスワープをリモートコントロールする際に暗証番号を使用するか決めます。

 

 

■ 暗証番号ありで設定する(オフィスのビジネスホンで操作)

 

●ビジネスホンの受話器を上げ、「142」とダイヤルします。

 

●ガイダンスが流れ始めますので、下記の通りに順番にダイヤルします。

 

 「4」→「3」→「1」→「暗証番号」→「#」→「1」

 

 

 

■ 暗証番号なしで設定する(オフィスのビジネスホンで操作)

 

●ビジネスホンの受話器を上げ、「142」とダイヤルします。

 

●ガイダンスが流れ始めますので、下記の通りに順番にダイヤルします。

 

 「4」→「3」→「0」

 

 

ガイダンスを聞いて設定の完了を確認します。

 

 

 

リモートコントロールの操作方法

 

外出先からボイスワープを操作するには「リモコン用アクセス番号」が必要になります。

 

リモコン用アクセス番号は東日本と西日本で異なっていますのでご注意ください。

 

 

【東日本】リモコン用アクセス番号:03-6304-4141

 

【西日本】リモコン用アクセス番号:06-6480-6142

 

 

 

では実際の外出先での操作の説明です。

 

 

■ 外出先から転送を開始する

 

●携帯電話・PHSから下記の通りにダイヤルします。

 

「リモコン用アクセス番号」→「契約している電話番号」→「#」→「暗証番号(設定している場合)」→「#」→「1」

 

●ガイダンスを聞いて設定が完了したことを確認します。

 

 

 

■ 外出先から転送を停止する

 

●携帯電話・PHSから下記の通りにダイヤルします。

 

「リモコン用アクセス番号」→「契約している電話番号」→「#」→「暗証番号(設定している場合)」→「#」→「0」

 

●ガイダンスを聞いて設定が完了したことを確認します。

 

 

 

 

以上でボイスワープの外出先からの転送設定の操作手順の説明を終わります。

 

基本操作に加えリモートコントロールも設定して是非ビジネスに活かしてください。