· 

NFTについて

ここ1、2年でNFTという言葉をよく聞くようになってきていませんでしょうか?

今回はNFTについて、どういったものなのか、その特徴や注意点などをご紹介していきたいと思います。

NFTとは?

 

「NFT」は「Non-Fungible Token(ノン-ファンジブル トークン)」の略。日本語では「非代替性トークン」と訳すことができ、替えのきかない(非代替性)、データ改ざんや不正利用が困難なブロックチェーン技術を活用したトークンを指します。つまりブロックチェーンによって保護された唯一無二のデジタル資産のこと。よく比較される暗号資産(仮想通貨、クリプト)は「FT(Fungible Token)」「代替性トークン」と呼ばれ、同じブロックチェーン技術を活用していますが、代替性があります。

NFTの特徴 

①価値を証明できる

NFTはブロックチェーンにすべての取引データを記録できるため、唯一性が証明でき、固有の価値をデータ自身で証明できます。また、NFTに記録されたデータは、誰でも閲覧が可能です。

データそのものが価値を証明できるため、プラットフォームや、販売者の信頼は必要ありません。個人間の取引であっても、取引相手を信用する必要はなく、お互い匿名のまま多額の価値を取引することができます。

②著作権者の利益が守られる

NFTは、著作権者の利益を守るのにも役立ちます。NFTではデータが転売されるたびに、著作権者(最初に作品を制作した者)に手数料が入ってきます。

転売などで、著作権者が損をしない仕組みが作れるようになったので、知的財産を生み出すクリエイターや企業に利益を与えられます。ソニーミュージックや集英社などの企業がNFTに注目しているのは、NFTで著作権者に利益を生み出せるのも要因の一つです。

③個人クリエイターでも作成可能

NFTは誰でも少額で作成できる点もメリットです。これまで、データ管理のセキュリティには多額の資金が必要だったので大企業しか取り扱いができませんでした。しかし、ブロックチェーンを活用すれば、たった数百円~数千円で強固なセキュリティのNFTを作成できます。

作成も簡単で、仮想通貨取引所からマーケットプレイスに作成費用(仮想通貨支払)を送金し、NFT化したいデジタルデータをアップロードするだけです。仮想通貨取引所の口座開設や、マーケットプレイスに登録が終わっていれば、10分程度でNFTが誰でも作成可能です。

NFTの注意点

①ルールが整っていない

NFTアートは、著作権(及び出版権・原盤権)など使用条件が明確になっていないことが一般的です。マーケットプレイスによっても取扱いは様々で、著作権に関わる条件をどこまで明記する必要があるのかルールが定まっていません。

購入後も、著作権者の許可がない限り、使用に制限がかかります。取り扱いが難しいため、多くのNFTアートがコレクション目的として購入されています。

②購入や手数料に仮想通貨が必要

NFTの購入で発生する料金や手数料の支払いには、仮想通貨を使用します。円やドルなどの法定通貨で支払えるマーケットプレイスは稀で、特定の仮想通貨を使用して支払を行うのが一般的です。

仮想通貨は仮想通貨取引所で購入したり、購入した仮想通貨はウォレットと呼ばれるインターネット上の財布で管理する必要があるので、NFT取引にはある程度の知識が必要です。

③NFT価格の変動が大きい

NFTの電子取引市場は、価格変動が大きいのもデメリットです。例えば、Twitterで初めてつぶやかれたTweetがNFT化され、3億円で落札されましたが、1年後のオークションでは1,000分の1まで落札価格が落ちました。

今回はNFTのことご紹介させていただきました。今後もよく耳にする機会があると思いますので是非覚えておいてください。

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

起業・独立して事務所を借りたら事業をスタートするのにオフィスには色々と必要なものがあります。
必要なものをすべて初期費用0円のリースで揃えた場合の金額を紹介します。

【価格差は10倍以上!?】オフィス家具と一般家具の違い

【価格差は10倍以上!?】オフィス家具と一般家具の違い

いわゆるオフィス家具と呼ばれる家具の値段は倍以上、物によっては10倍以上するようなものも少なくありません。
オフィス家具と一般家具では何が違うのか、項目を分けて解説していきます

 【事務所選びに困ったら?】レンタルオフィスでの起業

【事務所選びに困ったら?】レンタルオフィスでの起業

従来型の賃貸オフィスは初期費用が大きい、自宅利用はオンオフの切り替えが難しそうなどの問題があって、なかなか決められない人もいるのではないでしょうか。 今回はレンタルオフィスのメリットやデメリットをご紹介します。