· 

DXとは

DXとは?

DXは「デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)の略で、直訳すると「デジタル変革」という意味になります。

また、DXは本来、ビジネス領域に限った言葉ではなく、デジタル技術を社会に浸透させて人々の生活をより良いものへと変革することを指す、より広義な意味を持っています。

DXが及ぼすのは単なる「変革」ではなく、デジタル技術による破壊的な変革を意味する「デジタル・ディスラプション」。すなわち、既存の価値観や枠組みを根底から覆すような革新的なイノベーションをもたらすものとされています。

DX推進のためには、企業内でのペーパーレス化やメールやチャットの採用など、単にITの仕組みやツールを導入するだけでは不十分です。

なぜなら、デジタル技術を活用して、ビジネスモデルや仕組み、製品やサービスを変革させていく必要があるからです。

デジタライゼーションとの違い

デジタライゼーションはデジタル化の意味で、主としてデジタル技術を用いて製品やサービスの付加価値を高めることを指します。アナログで処理されていたものをデジタル化し、従来にはなかった利便性を生み出す、あるいは業務にデジタル技術を採り入れて効率化を図るといった取り組みがデジタライゼーションと呼ばれます。

しかし、デジタルトランスフォーメーションは、単にデジタルを活用して効率をあげることではありません。デジタルにより産業構造さえも変えていくことがデジタルトランスフォーメーションです。デジタライゼーションが単にデジタルツールを活用するだけに留まるのに対し、デジタルトランスフォーメーションはビジネスモデルを大きく変化させます。

DX推進のための補助金

企業はDXを推進していく際に、補助金を利用できます。

中小企業向けのDX推進のための助成金や補助金についてご紹介しますので、ぜひ活用してください。

・IT導入補助金

中小企業に対して、IT機器やソフトウェア、各種システムなどの導入経費の一部を支給する補助金です。

・ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金

中小企業の生産性の向上を支援するための補助金です。

DXを推進して生産性を向上できれば、必要なIT機器などの経費に充てることも可能です。

・キャリアアップ助成金

パートやアルバイト従業員を非正規雇用から正規雇用の労働者として、処遇を改善した場合に支給される助成金です。

DXを進めるにあたり、必要なIT技術をもつ人材を正社員として育成する際に役立つでしょう。

今後DXは、現代の日本企業にとって必須の取り組みになると思われます。DX推進のために企業内で様々な試みが必要になると思いますので今後ますます日本でも注目されるDX推進を、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

【価格差は10倍以上!?】オフィス家具と一般家具の違い

【価格差は10倍以上!?】オフィス家具と一般家具の違い

いわゆるオフィス家具と呼ばれる家具の値段は倍以上、物によっては10倍以上するようなものも少なくありません。
オフィス家具と一般家具では何が違うのか、項目を分けて解説していきます

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

起業・独立して事務所を借りたら事業をスタートするのにオフィスには色々と必要なものがあります。
必要なものをすべて初期費用0円のリースで揃えた場合の金額を紹介します。

【起業・独立】実際にオフィスが稼働するまでの流れ

起業または独立が決まり、新しく事業を始めるにあたりオフィスを用意される方は多いと思います。 そこで今回は実際にオフィスを開設し、業務をスタートできるようになるまでにどういった手続き、準備が必要なのか解説したいと思います。