· 

工業簿記、原価計算とは

工業簿記、原価計算とは

商業簿記は完成された商品を仕入れ、販売する流れを帳簿に記載しますが工業簿記は商品を製造するための材料の仕入から工場での製造、出荷までのお金の流れを帳簿に記載します。

 

工業簿記で重要になってくるのが製品を製造する原価計算です。

 

原価計算に含まれるのは製造原価、販売費、一般管理費に分類されます。

 

製造原価は材料費や労務費

 

販売費は広告宣伝費

 

一般管理費は減価償却などが当てはまります。

原価の3要素

原価計算の中で原価の3要素というのがあり、それぞれ

材料費、労務費、経費といいます。

 

材料費は商品を製造するのに必要な物

 

労務費は製造する人や管理する人の人件費

 

経費は水道光熱費などの材料費や労務費以外のものになります。

 

材料費、労務費、経費もそれぞれ製造間接費と製造直接費に分けることができます。

 

 

原価計算の流れ

原価計算の流れは原価が発生したらそれを製造間接費と製造直接費で分けます。それを費目別計算といいます。

その後各製造部門別に製造間接費と製造直接費で分けます。これを部門別計算と言います。

 

最後に製品ごとに製造原価を集計します。それを製造別計算と言います。

関連記事

【価格差は10倍以上!?】オフィス家具と一般家具の違い

【価格差は10倍以上!?】オフィス家具と一般家具の違い

いわゆるオフィス家具と呼ばれる家具の値段は倍以上、物によっては10倍以上するようなものも少なくありません。
オフィス家具と一般家具では何が違うのか、項目を分けて解説していきます

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

起業・独立して事務所を借りたら事業をスタートするのにオフィスには色々と必要なものがあります。
必要なものをすべて初期費用0円のリースで揃えた場合の金額を紹介します。