· 

【オフィスに最適な機種は?】シュレッダーの選び方

オフィスに最適なシュレッダーの選び方

 

【オフィスに最適な機種は?】シュレッダーの選び方

 

ペーパーレスと言われてしばらく経ちますが、オフィスではまだまだ紙の書類をたくさん扱います。

 

書類の内容によっては個人情報など大切な情報を扱うので、処分にも注意を払わなくてはなりません。

 

そこで最もポピュラーな方法はシュレッダーによる裁断です。

 

100円均一ショップでも買えるような小さなものから十数万円するようなものまでさまざまです。

 

そこで今回はシュレッダーの種類について解説したいと思います。

 

 

 

動作方法

 

手動

 

手動シュレッダーの多くはハンドルがついており、それを回すことで書類を裁断します。

サイズも小さいものがほとんどで、デスクの上に置いておけるようなサイズのものが中心です。

安価なものが多く、処分する書類が少ないオフィスには向いているかもしれません。 

 

 

電動

 

コンセントにつないで電動で書類を裁断するシュレッダーです。

書類をセットするだけで自動で裁断してくれるので大量の書類もスムーズに裁断できます。

 

処分する書類が多いオフィスでは電動シュレッダーの導入をおすすめします。

 

 

 

 

サイズ

 

手動のシュレッダーは小型のものがほとんどですが、電動のシュレッダーはスペックによってサイズはさまざまです。

 

設置するスペースを確保する際にはシュレッダー本体の寸法以外にも気をつけるポイントがあります。

 

 

壁から離して設置できるか

 

シュレッダーが動作する際に熱がこもる可能性があるので、壁から少し距離を取って設置する必要があります。

 

 

ダストボックスが開けられるか

 

裁断した書類の紙くずをごみ袋などに移す際にダストボックスを開けるタイプのシュレッダーの場合、その分のスペースを確保しておく必要があります。

 

 

しかしながら電動シュレッダーはキャスターがついていて簡単に移動できるタイプも多いので、移動させるのが手間でなければ上記のポイントは気にしなくても大丈夫です。

 

 

 

 

機能・スペック

 

電動シュレッダーは機能やスペックなどもさまざまなものがあります。

 

 

裁断できる紙のサイズ

 

投入口よりも処分したい書類が大きい場合、シュレッダーにかける前に書類を細かくする手間が増えてしまいます。

オフィスで処分することの多い書類のサイズを考慮してシュレッダーを選びましょう。

 

 

一度に裁断できる枚数

 

一度に裁断できる枚数が多いとそれだけ作業効率はアップします。

処分する書類の多いオフィスでは最大裁断枚数が15枚以上のものが選ばれることが多いようです。

 

 

 

裁断速度

 

裁断速度も作業効率に直結します。ただ裁断速度の速いものは裁断の際の動作音もうるさくなりがちです。

最大裁断枚数と合わせて考えましょう。

 

 

 

連続使用可能時間

 

電動シュレッダーは動作の際にモーターに負荷がかかりクールダウンが必要になるので、連続使用可能時間が設定されています。

連続使用可能時間が10分程度のものから60分以上連続使用できるものまであるので、オフィスでの書類の処分にかかる作業に合った時間のものを選ぶことが大事です。

 

 

裁断の処理形状

 

裁断された後の形状にも種類があります。

主な処理形状と特徴は以下の通りです。

 

 

ストレートカット方式

 

縦方向のみで裁断される方式です。安価で手軽な電動シュレッダーに多く採用されています。

単純な裁断処理なので復元率が他の方式と比べると高いです。

 

特にセキュリティーにこだわりがないのであればこちらの方式で問題ありません。

 

 

クロスカット方式

 

縦方向に加えて横方向にも裁断処理されている方式で、復元率もストレートカットに比べてぐっと低くなります。

 

復元率を気にする書類を扱うのであれば最低限この方式の電動シュレッダーを導入しましょう。

 

 

 

マイクロカット方式

 

クロスカットよりさらに細かく裁断処理される方式です。

復元率が非常に低いのに加え、裁断が非常に細かいのでダストボックスに多くの書類を溜めることができ、ゴミ捨ての回数を減らすことができるというメリットがあります。

 

 

 

 

 

その他の機能

 

電動シュレッダーの中には紙以外にCDなどのメディアの裁断に対応していたり、ホッチキスが付いたままの書類でも裁断できる機種もあります。

 

 

 

 

まとめ

 

 

オフィスによって必要なシュレッダーの種類は変わります。

スペックの高いシュレッダーは高価な機種もありますがリースで導入することも可能です。

 

最適なシュレッダーを選んでオフィスでの作業効率をアップさせましょう。