· 

【パソコン初心者講座】インターネットブラウザの種類と特徴

【パソコン初心者講座】インターネットブラウザの種類と特徴

 

【パソコン初心者講座】インターネットブラウザの種類と特徴

 

 

パソコンを利用する主な目的の一つにインターネットがあると思います。

 

パソコンの初心者の方でもなんとなくどこをクリックすればインターネットに繋がり、ウェブサイトを検索したり閲覧できているかは知っているかとと思います。

 

今回はそこから一歩踏み込んで、インターネットブラウザというものについて簡単に解説したいと思います。

 

 

インターネットブラウザ

 

インターネットブラウザというのはパソコンからインターネットにアクセスするためのアプリケーションのことです。

 

Windows10であれば「Microsoft Edge」iPhoneやMacでは「Safari」というインターネットブラウザが標準で設定されています。

 

Windowsでは8.1まで「Internet Explorer」というブラウザが標準で搭載されていた為、Windows10になって少し戸惑った方もいるのではないでしょうか。

 

 

このインターネットブラウザですが、実はいろいろな種類があり自由にインストールして選んで使用することができます。

 

ブラウザの種類によって特徴があり、使い勝手なども変わってくるので、ご自身に合ったインターネットブラウザを探してみるのもいいかもしれません。

 

それでは代表的なインターネットブラウザを6つ紹介していきます。

 

 

 

Microsoft Edge

 

 

 

Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)

先程も紹介した通り、Windows10で標準で設定されているブラウザです。

 

先代に当たるInternet Explorerのシェア率が低迷した為、Microsoftが新たに開発したブラウザです。

 

まだ比較的新しいブラウザの為評価は難しいところですが、Internet Explorerに比べ高機能になりましたし、Microsoftが提供しているサービスとの親和性が良いためWindowsパソコンを使っているのであれば無難なブラウザと言えます。

 

 

Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)

 

 

Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)

Microsoft社が長きに渡り提供してきたブラウザです。

 

バージョンアップを繰り返し、かつては不動のシェア率でしたがWEB技術の発展に上手く対応できず後発のブラブザにシェアを奪われていきました。

 

ブラウザの仕様の癖の強さからWEB開発者に最も煙たがられたブラウザでもあります。

 

しかしながら、シェアトップの歴史は長く未だにInternet Explorerでしか動作しないサービスなども見受けられます。

 

利用環境によっては必要不可欠なブラウザでありましたが、2022年6月をもってMicrosoft社のサポートは終了するとアナウンスされています。

 

 

Safari(サファリ)

 

 

Safari(サファリ)

iPhoneやMacに標準で搭載されているインターネットブラウザです。

 

WEBページの表示の正確性に力を入れているという印象のブラウザです。

 

Apple社が開発している為iPhoneやMacといったApple製品との親和性がかなり高く、スマホ(iPhone)とパソコン(Mac)の同期も高速で行えます。

 

ただWindows版のSafariは提供を終了している為、Windowsパソコンでは利用することができません。

 

Apple製品ユーザーにはおすすめのブラウザです。

 

 

Chrome(クローム)

 

 

Chrome(クローム)

Google社が開発し提供しているインターネットブラウザです。

 

Windows、Mac、iPhone、その他スマートフォンほぼ全てに対応しています。

 

標準で搭載されているパソコン、スマートフォンは限られていますが、その使い勝手から現在シェアはトップです。

 

Googleアカウントを利用することでメールやカレンダーなどのサービスの連動がスムーズに行えるため、そういったサービスをGoogleでまとめている方も非常に多い印象です。

 

拡張機能も豊富にあり、自分好みにカスタマイズして利用することができます。

 

 

Firefox(ファイヤーフォックス)

 

 

Firefox(ファイヤーフォックス)

Mozilla社が開発したインターネットブラウザです。

 

Chromeがシェアを獲得する以前に人気のあったブラウザでWEB上では「火狐」などと表記されて親しまれていました。

 

最も大きな特徴であったのがオープンソースであるということです。

 

話が難しくなるので詳細は割愛しますが、世界中の優秀なFirefoxユーザーがブラウザ開発技術者の手助けとなる仕組みが出来上がっていた為、どんどんブラウザが改善されていきました。

 

拡張機能や使い勝手も申し分なく、現在も根強い人気のあるブラウザです。

 

 

Opera(オペラ)

 

 

Opera(オペラ)

Opera Software ASAというノルウェーの会社が開発したインターネットブラウザです。

 

他のブラウザでは拡張機能の追加が必要な広告プロック機能や、省電力モード、マウスジェスチャーなどがそのまま使用できます。

 

またブックマークがサムネイル付きで表示されるなど使い勝手にこだわったブラウザです。

 

利用者はあまり多いとは言えませんが、コアなファンが多いブラウザです。

 

 

 

 

以上、代表的なインターネットブラウザについてご紹介してきました。

 

標準搭載されているブラウザを使うのも良いですが、他のブラウザを試してみるとより作業が捗ったり、より便利に利用することが出来るかもしれません。

 

どれも無料でダウンロードすることができるので、是非この記事を参考に色々試してみていただければと思います。