· 

【どっちを買えばいい?】WindowsとMacの違い

【どっちを買えばいい?】WindowsとMacの違い

 

【どっちを買えばいい?】WindowsとMacの違い

 

起業したり事務所や営業所を開設して新しくパソコンを購入する際に、まずWindowsパソコンにするかMacパソコンにするかという選択肢があります。

 

特にiPhoneを利用されている方は、同じApple製品のMacパソコンの方が良いのかな?など気になっているのではないのでしょうか。

 

そこで今回はWindowsパソコンとMacパソコンの違いを解説したいと思います。

 

 

WindowsパソコンとMacパソコンの違い

Windowsパソコン
Macパソコン

 

 

OS

 

まず両者で大きく違うのがその「Windows」「Mac」と名前になっているOS(オペレーティング・システム)と呼ばれるパソコンの基本となるシステム部分です。

 

WindowsはMicrosoft社が、MacはApple社がそれぞれ開発しています。

 

このOSのどちらが搭載されているかによってWindowsパソコンかMacパソコンに区別されています。

 

 

 

対応アプリケーション

 

Windows OSとMac OSでは同じアプリケーションでもそれぞれのバージョンのものをインストールしなければ利用することができません。

 

メジャーどころのアプリケーションはほとんどがWindowsとMacのどちらのバージョンもリリースしているので普通にパソコンを使う分にはあまり気にする必要はありませんが、業種によっては業務で必須のアプリケーションが片方のOSにしか対応していないというケースも少なくありません。

 

特にビジネス用途に開発されているアプリケーションはWindows向けのものが多い印象です。

 

業務に必要なアプリケーションが購入を考えているOSに対応しているか、事前に確認しておきましょう。

 

 

パソコンの種類

 

一般的な家電量販店のパソコンコーナーにあるパソコンはAppleコーナーのパソコンを除いてすべてWindowsパソコンと思って間違いありません。

 

Windows OSはMicrosoft社が開発し、さまざまなメーカーのパソコンに搭載されて販売されています。

 

各メーカーは省スペースな一体型デスクトップパソコンや、拡張性に優れたタワー型デスクトップパソコン、携帯性に優れたノートパソコンなど実にさまざまなバリエーションのWindowsパソコンを販売しています。

 

一体型デスクトップ/タワー型デスクトップ/ノートパソコン

またスペックも様々な物が販売されているので、予算に応じて柔軟に選ぶことができます。

 

 

 

それに対し、Mac OSは基本的にApple社の製品にしか搭載されておりません。

 

なのでMac OSを使用したい場合はApple社の製品ラインナップの中から選ぶことになります。

 

Apple製品の中にも一体型デスクトップパソコンの「iMac」タワー型の「Mac Pro」「Mac mini」、ノートパソコンも「MacBook pro/air」と豊富にラインナップされているので自分に合ったパソコンを選ぶことが出来ると思います。

 

Appleならではのデザインの良さも魅力でファンも多いのですが、同じスペックで比べるとWindowsパソコンに比べて割高な価格設定です。

 

iMac/Mac Pro mini/MacBook Pro Air

 

 

操作性

 

WindowsパソコンとMacパソコンではキーボードの配置が微妙に違います。

 

よく使う文字入力の切り替えキーの場所が違ったり、WindowsキーはもちろんMacにはありません。

 

その他にも似ているようで細かな違いは多くあります。

 

Windowsのキーボード
Windowsのキーボード(クリックで拡大)
Macのキーボード
Macのキーボード(クリックで拡大)

 

Windowsしか使ったことがない人が急にMacパソコンを触ってみると困惑すると思います。その逆もまた然り。

 

と言っても、パソコンとして出来ることに大きな違いはありませんので操作性に関しては慣れの問題かと思います。

 

 

 

iPhoneとの連携

 

 

iPhoneとMacの連携

 

 

iPhoneとMacパソコンでは、高速でファイルのやり取りが出来たり、Macパソコンから電話の受発信ができたり、写真の自動保存や自動テザリングなど、iPhoneとMacパソコンで連携して使える便利な機能はたくさんあります。

 

これはOSからパソコン本体、スマートフォンまですべて自社で開発している強みと言えます。

 

しかしながら、iPhoneとMacほどの連携とは行かずとも、WindowsパソコンとiPhoneでも似たような機能は使えるのでそこまで気にしなくてもいいかもしれません。

 

まとめ

 

 

WindowsパソコンとMacパソコンの違いはOSの違いです。

 

OSが違うことにより多少の操作性の違いはありますが、普通に使う分ではWindowsパソコンとMacパソコンどちらを選んでも問題ないでしょう。

 

Windowsパソコンではスペックを抑えることで限られた予算の中で、必要最低限のパソコンを購入することができますし、iPhoneやその他Apple製品をお使いで、予算に余裕があるのであればMacパソコンを選ぶことでとても便利に各製品を連携して活用することができます。

 

しかし、業務によって必要なアプリケーションがWindows OSしか対応していないなどの場合もありますので、仕事で使うパソコンであればその点に十分に注意して購入するようにしましょう。

 

 

関連記事

最低限このパソコンを選べばOK|起業の際のパソコン選び

起業してパソコンを用意しようと思った時に、スペックによってさまざまな選択肢がありどれを選んだら良いか悩ましいかと思います。

 

そこで最低限このスペックを選んでおけば安心して事業をスタートできるというものをご案内したいと思います。