· 

写真に記録される個人情報とは?【Exif情報】

写真に記録される個人情報とは?

 

スマホの普及でいつでもどこでも簡単に写真を撮影することができ、さらにSNSなどに簡単にアップロード出来る時代になりました。

 

ほとんどのスマホやデジカメで撮影された写真には撮影画像とともにさまざまな情報が記録されています。

 

そのことを知らずに写真を扱ってしまうと思わぬトラブルの元になりかねません。

 

そこで今回は写真に記録されている情報の扱いについて解説したいと思います。

 

 

Exif

 

スマホやデジカメで撮影された画像に記録される情報をExif(イグジフ)といいます。

 

このExifには撮影時のシャッタースピードや絞り値と言ったカメラの設定情報の他に、撮影機材や撮影場所が記録されている場合もあります。

 

 

 

Exif情報には主に以下の項目が記録されています。

 

 

 
・カメラの機種/レンズ
・シャッタースピード
・F値(絞り値)
・焦点距離
・測光モード
・ISO感度
・フラッシュの使用
・色空間
・撮影日時
・撮影場所
・撮影者
・使用アプリ(スマホ)
 

 

 

写真を管理するアプリケーションではこれらの情報を活用し、効率よく整理・編集できるようになっています。

 

とても便利な情報なのですが、個人情報が含まれているため取り扱いには少々注意が必要です。

 

 

 


Exif情報を確認する

 

 

写真のExif情報の確認の方法は以下の通りです。

 

・対象の写真を右クリック→「プロパティ(R)」→「詳細」タブ

 

でExif情報を確認することができます。

 

Exif情報を削除する

 

同じように確認したExif情報を削除する方法は以下の通りです。

(※この手順では個人情報以外の撮影時のExif情報は残ります)

 

・対象の写真を右クリック→「プロパティ(R)」→「詳細」タブ→「プロパティや個人情報を削除」

 

・「可能な全てのプロパティを削除してコピーを作成」か「このファイルから次のプロパティを削除」のどちらかを選択して「OK」

 

 

 

SNSサービスでのExif情報

 

 

主なSNSサービスではアップロードの際にExif情報は削除されるようになっています。

 

しかしLINEでは設定によってはExif情報がついたまま写真を送信できたり、その他のサービスでもはExif情報がそのままでアップロードされる場合もあるので注意が必要です。

 

SNSサービスでのExif情報の取り扱い

 

 

まとめ

 

 

とても手軽で便利に写真を撮影しアップロード出来る時代ですが、その反面個人情報の取り扱いにも十分注意しなければいけません。

 

知らないうちに個人情報が漏れて無駄なトラブルに巻き込まれないよう、自身で取り扱う写真には日頃から気を配っておきましょう。