· 

生産管理とは?

 

生産管理とは?

 

生産管理は、製品の生産計画から設計原材料の調達製品の製造など幅広い業務の管理になります。

この工程を適切に進めていくために、3つの目標があります。それが、QCDです。QはQuality=品質、CはCost=コスト、DはDelivery=納期を表します。QCDはすべて高水準にするのが理想ですが、一つを高めるともう二つが下がるといった関係性にあります。例えば、品質を上げるとコストや納期が遅くなるといったことが起こるのでそれぞれのバランスがとても重要になります。

生産性を高めるにはいくつかの原則があります。それぞれの頭文字を取り、合理化の3S呼ばれてます。

単純化(Simplification)
構造、方法の単純化、数を減らすことで生産性を高める。
標準化(Standardization)
設計や生産方法を統一することで生産統制が管理しやすくなり、作業の習熟を得ることができる。
専門家(Specialization)
作業に特色を出し、他社に対して優位を得る。

次に現場管理の原則で有名な5Sの原則というものがあります。整理、整頓、清掃、清潔、躾の頭文字のSをとって5Sの原則になります。

整理 必要な物と不要なものを区別し不要なものを処分する
整頓 必要な物をすぐ使用できるように適正な場所に置いておくこと
清掃 ゴミやほこりを取り除き清潔を保つ。
清潔 整理、整頓、清掃がされている状態を保つ
 決められた手順やルールに従う

次にECRSの原則というものがあります。ECRSは、Eliminate(排除)、Combine(一緒にする)、Rearrange(入替えと代替)、Simplify(簡素化)の英語の頭文字をとったものになります。  

Eliminate(排除) 
業務の改善を考えるときにはじめに考えるのがEliminate(排除)になります。Eliminate(排除)を行うのにコストも手間もかからず、さらに不要な作業を排除することができればコストダウンも手間もなくなります。
Combine(一緒にする) 
次に考えるのはCombine(一緒にする)です類似の業務、作業を一緒にすることで、人員も作業工数も削減できこちらもコストも手間も少なくできます。
Rearrange(入替えと代替)
次にRearrange(入替えと代替)を検討します。作業順序、人員などの入れ替えることによって業務改善、効率化を検討します。
Simplify(簡素化)  
最期にSimplify(簡素化) です。業務の実態やを分析し複雑な作業を簡素化し効率化や作業時間短縮を行います。