· 

iPhone、iPadでブルーライトカットモードにする方法

iPhone、iPadでブルーライトカットモードにする方法

iPhoneやiPadのディスプレイ設定の方法になります。

 

長時間ディスプレイを眺めていると目が疲れ集中できなくなるので、その際に使えるモードになります。

 

画面を右上から下にスライドさせると下の画面になります。

赤い枠を長押しすると3つのボタンが出てきます。

Night Shiftをオンにすると画面がオレンジがかりブルーライトを抑える効果があります。

次にTrue Toneをオンにすると周辺の環境光の状況に応じてディスプレイのホワイトバランス(色温度)を自動で調整してくれます。

最後にダークモードをオンにすると画面が全体的に暗くなり、目にやさしいとされています。

iPadやiPhoneを使用する際は、状況に応じて画面のモードを切り替えると目にも優しく疲れにくく使用できるかと思われます。