· 

簿記の基礎知識

簿記の基礎知識

簿記とは

簿記とは、会社などが行ったお金の動きを帳簿に記載することです。

帳簿に記載からとって簿記と呼びます

簿記の目的

簿記の目的は、会社の損益計算書と貸借対照表を作成することです。

では、損益計算書と貸借対照表の説明をしていきます。

 

損益計算書とは

会社の1年間の収益と費用が記載されているものです。

上から売上高、売上総利益、営業利益、経常利益、純利益と続いていく表になります。

 

損益計算書でなにがわかるかというと会社の儲けが分かります。

 

貸借対照表とは

会社のお金の使い道と集め方が記載されているものです。

左側に資産、右側に負債と純資産がならんだ表です。

 

貸借対照表でわかるのは会社の財産の状態が分かります

 

貸借対照表とは

会社のお金の使い道と集め方が記載されているものです。

左側に資産、右側に負債と純資産がならんだ表です。

 

貸借対照表でわかるのは会社の財産の状態が分かります

簿記の流れ

簿記の流れは

①取引の発生②仕分け③総勘定元帳に記載④勘定科目ごとの試算表の作成⑤決算整理仕訳⑥精算表の作成

⑦貸借対照表、損益計算書の作成

 

となります。

関連記事

【価格差は10倍以上!?】オフィス家具と一般家具の違い

【価格差は10倍以上!?】オフィス家具と一般家具の違い

いわゆるオフィス家具と呼ばれる家具の値段は倍以上、物によっては10倍以上するようなものも少なくありません。
オフィス家具と一般家具では何が違うのか、項目を分けて解説していきます

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

起業・独立して事務所を借りたら事業をスタートするのにオフィスには色々と必要なものがあります。
必要なものをすべて初期費用0円のリースで揃えた場合の金額を紹介します。