· 

健康経営優良法人とは

 

健康経営優良法人とは?

 

「健康経営優良法人制度」とは経済産業省がきちんと健康経営に取り組んでいる企業を評価する制度のことです。

 

「健康経営」とは従業員などの健康管理をすることによって会社の問題点を改善していく経営方法のことです。ここでいう問題点とは、不当な残業の横行やパワハラなどの精神的苦痛に伴う精神病などです。

 

 

これらの問題を改善することにより会社全体の離職率を減少させたり会社のイメージを向上させることが出来る効果がありこれらの効果を評価されると健康経営優良法人として認められます。

 

 

どうすれば認められるのか?

 

健康経営優良法人の主な認定基準として大規模法人部門と中小法人部門の2部門があり細かな違いはあるものの大まかに下記の5項目が挙げられます。

 

    経営理念

    組織体制

    制度・施策実行

    評価。改善

    法令遵守・リスクマネジメント

 

これらの5項目の中に細かな評価項目がありこれらをクリアしていくことで認められることが出来ます。

詳しくは経済産業省「健康経営優良法人の申請につ

こちらを参照していただければと思います。

 

 

健康経営優良法人のメリットとは?

 

・生産性の向上

従業員が健康体で規則正しい生活をすることにより作業がはかどり病気による欠勤や退職者も減ることによって社内業務が円滑に進むため会社の利益になります。

 

・会社のイメージ向上

健康経営優良法人の認定をうけるとそれだけで従業員が大事に扱われているいい会社というイメージがつくので社外の方にもそういったアピールが出来るので求人で人が来たり融資が受けやすくなったりします。

 

 

 

健康経営優良法人のデメリットとは?

 

・様々な取り組みが必要

健康経営優良法人になるために従業員の定期的な健康診断やストレスチェックの他に医師との面談やセミナーの参加をしないといけない場合もあり非常に煩わしいのも現実です。

また、それらの管理を自社で管理をしなければならないので事務仕事が増えてしまうというのも問題になってきます。

 

・効果が感じにくい

 

これらを積極的に取り組んでも従業員が確実に健康になるかは不確実で病気になるときは病気になってしまったりもするのであまり実感が感じられない恐れがあります。

 

 

健康経営優良法人になるために必要なことがたくさんあったりデメリット面もあると思いますが健康経営優良法人に認められることによって社内外のイメージは非常に良くなり会社の利益になることがたくさんあると思いますので一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

 

【起業・独立】実際にオフィスが稼働するまでの流れ

起業または独立が決まり、新しく事業を始めるにあたりオフィスを用意される方は多いと思います。 そこで今回は実際にオフィスを開設し、業務をスタートできるようになるまでにどういった手続き、準備が必要なのか解説したいと思います。

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

起業・独立して事務所を借りたら事業をスタートするのにオフィスには色々と必要なものがあります。
必要なものをすべて初期費用0円のリースで揃えた場合の金額を紹介します。

 【事務所選びに困ったら?】レンタルオフィスでの起業

【事務所選びに困ったら?】レンタルオフィスでの起業

従来型の賃貸オフィスは初期費用が大きい、自宅利用はオンオフの切り替えが難しそうなどの問題があって、なかなか決められない人もいるのではないでしょうか。 今回はレンタルオフィスのメリットやデメリットをご紹介します。