· 

自宅オフィスで開業するメリットとデメリット

自宅オフィスで開業するメリットとデメリット

個人事業などで小規模にビジネスをスタートする際に、とりあえず自宅をオフィスにと考える方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は自宅をオフィスとして利用するメリットとデメリットについてご紹介します。

自宅をオフィスに

1人で事業を立ち上げる場合、自宅に作業するスペースを確保できるのであればオフィスを探したり借りる費用なども節約することができます。

 

自宅をオフィスにするのには他にも多くのメリットもありますが、逆にデメリットもあります。

 

それぞれ項目ごとに見ていきましょう。

自宅をオフィスにするメリット

費用を抑えられる

オフィスを借りる場合、賃貸契約の際に敷金や礼金など多額の費用がかかります。もちろん月々の家賃もランニングコストとして毎月費用がかかってしまいます。

 

自宅をオフィスにするのであればそういった費用は追加でかからないのは何かとお金の必要なスタートアップ時期には大きなメリットです。

通勤時間

自宅なので当然通勤が必要ありません。

時間や交通費の節約といった面以外にも、満員電車での通勤のストレスがないのも大きなメリットです。

光熱費の経費計上

自宅をオフィスとして利用することで、家賃や光熱費の一部を経費として計上することが可能になります。

節税になる場合もありメリットと考えられます。

育児や介護との両立

自宅で仕事することで、子育てや身内の介護などとも両立しやすくなります。

自宅をオフィスにするデメリット

それでは自宅オフィスで開業するデメリットについて見ていきましょう。

オンオフの切り替え

自宅で仕事する場合、仕事をしている時間と仕事以外の時間の区別がつきにくくなります。

 

ダラダラと仕事を続けてしまってプライベートの時間とうまく切り替えができないといったこともあります。

 

時間で管理するなど意識してメリハリをつける必要があります。

住所の公表

名刺やホームページなどに自宅の住所を記載することになります。

 

マンションの一室を自宅としてではなくオフィスにしている会社はたくさんあるので、そこに住んでいると公表しなければ自宅だと特定されないかもしれません。

 

しかし住所の悪用や、ストーカー被害などが生じる可能性は考えられます。

生活スペースとの両立

仕事に必要な機器、家具の設置や仕事で使う書類など、生活スペースを圧迫する場合もあります。

まとめ

 

起業・開業したての時期は何かとお金が必要になります。

自宅をオフィスとして利用する場合、デメリットもありますが特に費用面で大きなメリットがあります。

また、通勤時間がかからないのでその分仕事に充てることができるのも魅力です。

 

デメリットを受け入れることができるのであれば、自宅をオフィスとして利用するのは有効な選択肢だと思います。

【PR】オフィスサポートドットコムでは光回線の手配から電話番号の取得、オフィス家具やコピー機などの事務機器のリースなど、オフィスに必要なすべてをご用意しております。

お気軽にご相談くださいませ!

関連記事

起業時に検討するべき士業とは

今回は会社の設立~序盤の経営の期間に絞って、自身の負担を減らしたり、経営の相談するために協力してもらえる士業をご紹介していきます。

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

起業・独立して事務所を借りたら事業をスタートするのにオフィスには色々と必要なものがあります。
必要なものをすべて初期費用0円のリースで揃えた場合の金額を紹介します。

【起業・独立】実際にオフィスが稼働するまでの流れ

起業または独立が決まり、新しく事業を始めるにあたりオフィスを用意される方は多いと思います。 そこで今回は実際にオフィスを開設し、業務をスタートできるようになるまでにどういった手続き、準備が必要なのか解説したいと思います。