· 

NASを導入して外出先からも会社の共有フォルダにアクセスする

NASを導入して外出先からも会社の共有フォルダにアクセスする

 

NASを導入して外出先からも会社の共有フォルダにアクセスする

 

■NASとは

 

Network Attached Storageの略で、通常の外付けHDDタイプのストレージと違いネットワーク上に設置するので複数のパソコンからアクセスすることが出来、またインターネットを通して外部ネットワークからもアクセスすることができるのが大きな特徴です。

 

NASを導入することで外出先からも会社に置いてあるサーバーにアクセスすることができるようになります。

 

似た役割を持つものに「ファイルサーバー」もありますが、ファイルサーバーは柔軟にユーザー管理したり、グループを設定してアクセス制御出来たりするのに対し、NAS製品はほとんどがストレージのみの機能の為、シンプルでわかりやすくあまり知識のないユーザーでも簡単に導入できるのが特徴です。

 

 

NASの接続イメージ

NASの接続イメージ
NASを導入することで外出先からもオフィスのストレージにアクセスすることが出来ます

 

 

 

今回はIODATA(アイ・オー・データ)のNASを例に上げて外出先からアクセスするまでの手順を解説したいと思います。

 

※IODATAのNASでは以前まではRemote ling filesというアプリケーションを使ってリモート接続(外出先からのアクセス)していましたが、2021年1月にこのアプリケーションのサポートが終了となりました。

 

現在はRemote link3というNAS内の機能を利用してリモート接続が可能となっています。

 

 

 

リモート接続の手順

 

リモート接続の利用にはあらかじめIOデータの提供する「IOportal」の会員登録と「Remote link3」の利用登録が必要となります。

 

■IOportalの会員登録をする

 

リモート接続を利用する場合はIOPortalの会員登録が必須となります。

下記リンクから会員登録を済ませます。

 

リンク:IOPortal 会員情報サービス | ログイン

 

※リモート接続を利用するユーザーごとの登録は必要ありません。

※ローカルネットワークでの共有ファルダの利用には会員登録は必須ではありません。

 

 

■Remote link3の利用登録

 

●WindowsのエクスプローラーからNASアイコンの上で右クリック→設定画面をクリックします。

NASアイコンの上で右クリックします
設定画面を開くをクリックします

 

 

 

●ブラウザが立ち上がり、NASの設定画面が開きます。

 

 

 

※初回アクセス時はパスワードの設定を求められますので入力し設定します。

 

こちらのパスワードは設定画面にアクセスする度に必要となりますので忘れないように注意してください。

初回アクセス時はパスワード設定が求められます

 

 

●設定画面が開いたら「Remote link3設定」をクリックして展開させ、「利用を開始する」をクリックします。

Remote Link 3設定をクリックして展開します
利用を開始するをクリック

 

 

●Remote Link3 機能の利用が開始され、「有効」にチェックが入っていることを確認します。

有効になっていることを確認する

 

 

 

■ユーザー登録をする

 

次にリモート接続をするためにユーザー登録を行います。

 

●メニュー内の「共有」をクリックして展開させ、「ユーザー設定」タブ→「+新しいユーザーの登録」をクリックします。

共有→ユーザー設定→+新しいユーザーの登録をクリック

 

 

●ユーザー名、パスワードを入力し「OK」をクリックします。

 

ここでは例として「user」パスワードは適当なものを入力しています。

ユーザー名、パスワードを入力します

 

 

●新たに「user」というユーザーが登録されました。

 

 

●ユーザー登録が完了したらエクスプローラーに戻り、「LANDISK」→「ローカル」の中のLANDISKアイコンを右クリックし「リモート登録」をクリックします。

エクスプローラーのNASアイコンを右クリックしてリモート登録をクリック

 

 

●ユーザー名、パスワードを入力するウインドウが表示されますので、先程登録したユーザー名・パスワードを入力しOKをクリックします。

 

キャッシュ上限サイズについては自動のままで大丈夫です。

ユーザー名、パスワードを入力しOKをクリック

 

 

●エラーなく登録が完了するとエクスプローラーの「LAN DISK」の中に元々あったローカルとは別に「リモート」が追加されます。

リモートという項目が追加されます

 

 

●「リモート」をクリックするとローカルと同様にLAN DISKのアイコンが表示されフォルダにアクセスすることができます。

 

 

 

以上、IODATAのNAS製品でのリモート接続の解説でした。

 

 

関連記事

【起業・独立】実際にオフィスが稼働するまでの流れ

起業または独立が決まり、新しく事業を始めるにあたりオフィスを用意される方は多いと思います。 そこで今回は実際にオフィスを開設し、業務をスタートできるようになるまでにどういった手続き、準備が必要なのか解説したいと思います。

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

起業・独立して事務所を借りたら事業をスタートするのにオフィスには色々と必要なものがあります。
必要なものをすべて初期費用0円のリースで揃えた場合の金額を紹介します。

自分の会社のホームページを持つには?

あなたの会社の製品やサービスについて興味をもった人が会社名を検索しても、ホームページが出てこないとせっかくのビジネスチャンスを逃すことになるかもしれません。
ぜひ、起業する際には忘れずにホームページも用意しましょう。