· 

のれんとは?

のれんとは?

会計上の「のれん」とは、M&A(企業買収)の際に支払った額と買収先企業の純資産額の差額のことを言います。

 

つまり買収金額-子会社の純資産=のれん

 

といった式になります。

のれんは「超過収益力」ともいわれ、簡単に言うと

 

買収先企業の貸借対照表に計上されていない企業価値です。

 

例えば、人材や顧客情報、企業のブランド力など目には見えない価値のことです。

 

そういった企業価値は貸借対照表上では見えないのでM&Aの際に「のれん」という形で評価します。

 

のれんの具体例

 

買収したいの企業Aが資産100憶円 負債50億円 純資産30憶円とします。

60憶円で買収するとのれんは30憶ということになります。

 

つまりのれんの30億は企業Aの貸借対照表に表示されない価値ということになります。

 

しかしのれんはマイナスに作用することもあり、上記の例でいうと

20憶円で買収すると純資産額を下回った負ののれん10億という形で計上されます。

 

のれんの会計処理

 

M&A後のれんが計上されますが、その会計処理は貸借対照表上に無形固定資産として20年以内に償却するように規定されています。

 

上記の例でいうと30憶円が無形固定資産として貸借対照表上に計上されます。

 

まとめ

のれんについて書いてきましたが、のれんという名前からは想像しにくいとおもいます。

 

のれんの評価は難しいですが、純資産と比較してどれぐらいその企業に稼ぐ力があるか確認できると思います。

【関連記事】

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

起業・独立して事務所を借りたら事業をスタートするのにオフィスには色々と必要なものがあります。
必要なものをすべて初期費用0円のリースで揃えた場合の金額を紹介します。

【新品本体価格は100万円以上!?】新品でコピー機を導入するメリット・デメリット

【新品本体価格は100万円以上!?】新品でコピー機を導入するメリット・デメリット

中古だと10万円以下で買えるようなものもある中で物によっては100万円以上する新品を導入することのメリットとデメリットを紹介したいと思います。