· 

Office 2021の新機能とは!?

今回は、2021年10月5日にリリースされた Office2021(Windows版,Mac版) にて追加された新機能を確認していきたいと思います。

 

◆Office 2019からの変更点

 

1.Office2021は認証時にインターネット接続が必須

 

 Office2019の法人向けは、初回認証時は電話での認証が可能だったため、インターネット接続は必須ではなかったのですが、Office2021はオンライン認証のみとなり、インターネット接続が必須となりました。

 ライセンスキーは従来同様、マイクロソフトアカウントへは紐づきません。

 

2.Office2021のサポート期間は5年間

 

 Office2019のサポート期間はメインストリームサポート5年+延長サポート2年でしたが、マイクロソフト製品のサポートポリシーの変更に伴い、ほかのマイクロソフト製品と同様にOffice2021もメインストリームサポートの5年のみとなしました。

 

◆Office2021の新機能

 

 Office2019と比べて、各アプリケーションンに様々な機能が追加されています。

 

 

Excel

XLOOKUP関数の追加(VLOOKUP関数の強化版)

 

XMATCH関数を追加(MATCH関数の強化版)

 

・新関数の追加

 動的配列を行う関数「FILTER」「SORT」「SORTBY」「UNIQUE」「SEQUENCE」「RANDARRAY

 計算結果や値に名前を付けて、ほかの数式内に格納可能にする「LET」関数

 

シートビューアクセシビリティリボンの追加

 

 

 

Power Point

・発表者のビデオ、インク機能で加えた内容、レーザーポインターの挙動を記録可能な「スライドショーの記録」機能を追加

・書き込んだインクの内容を時系列で再生・停止可能な「インクストリーク」機能を追加

 

 

 

Outlook

・日本語を含む70以上の言語に対応の「翻訳ツール」を追加

・メールを任意の場所で検索可能な「クイック検索」を追加

・画面を読み上げる「スクリーンリーダー」に必要に応じて要素を並べ替える機能を追加

 

その他

 

Microsoft Searchによるドキュメント検索の強化

OpenDocument形式(ODF)1.3のサポート

・視覚効果、描写の更新

 

 特に気になったのは、MicrosoftTeamsなどでも実装されているリアルタイム共同作業モードがExcelやWordなどの複数のアプリケーションで追加されたことです。

 

 離れている間のファイル変更通知など、複数のメンバーによる共同編集が便利になりました。

 

 他にも、以前の機能の改善や、Microsoft AccessやMicrosoft Visio向けの新機能、逆に廃止された機能もありますので、こちらを調べたい場合はMicrosoftの新機能紹介サイトをご覧ください。

 

最後にエディション(永続ライセンス版)と価格をご紹介します。

関連記事

【どっちを買えばいい?】WindowsとMacの違い

WindowsパソコンにするかMacパソコンにするかという選択肢があります。 WindowsパソコンとMacパソコンの違いを解説したいと思います。

最低限このパソコンを選べばOK - 起業の際のパソコン選び

起業してパソコンを用意しようと思った時に最低限このスペックを選んでおけば安心して事業をスタートできるというものをご案内したいと思います。