· 

【似てるようで違う?】メモリのRAMとROMの違い

【似てるようで違う?】メモリのRAMとROMの違い

 

パソコンやスマホを選ぶ際に、メモリが何ギガといったことを目にすると思います。

 

RAMやROMといった表記がされてますが、どっちがどっちかややこしくなってわからなり、もういいやとなることも多いでしょう。

 

RAMとROMがどういったものか、違いが分かるように解説していきます。

 

RAMとは

RAMはRandom Access Memoryの略です。

 

RAMの主な役割はCPUが処理しているときの作業用のメモリです。

容量が大きいほど多くのソフトやアプリが開くことができます。

 

RAMは自由にデータを書き込むことができ、

電源が切れるとデータも消えますこれを揮発性といいます。

 

一般的に利用されるPCのRAMは4~16GBぐらいになります。

 

 

PCでRAMを確認するには

PCでRAMを確認する方法は

 

設定からシステムの一番下にあるバージョン情報を開きます。

 

実装RAMを確認するとこのPCでは8GBになります。

 

DRAMとSRAM

RAMにはさらに2種類ありDRAMとSRAMがあります。

 

主記憶装置として使われるのがDRAMです。

キャッシュメモリとして使われるのがSRAMです。

 

SRAMはDRAMよりも処理速度が速く高価という特徴があります。

 

 

ROMとは

ROMはRead Only Memoryの略です。

 

ROMはRAMと違い、書き込みができない読み込みのみのメモリで

電源を切ってもデータが消えない不揮発性になります。

 

ROMの代表的な物はCDやDVD、ゲームなどがあります。

ロムと聞くとなんとなく想像できますね。

 

 

PCでROMを確認するには

PCでROMを確認する方法は

 

タスクマネージャを開きます。

 

パファーマンスを開いてメモリを見ると確認することができます。

 

 

 

まとめ

今回はRAMとROMの説明をしましたが、一度利用しているパソコンのRAMとROMを確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

関連記事

会社のオリジナルのメールアドレスを作るには

会社のオリジナルのメールアドレスを作るには

独自ドメインを取得しないと「◯◯@gmail.com」や、「◯◯@yahoo.co.jp」など決まったものになってしまう為、自由にメールアドレスを決めることが出来ません。オリジナルのメールアドレスの作り方を解説!

最低限このパソコンを選べばOK - 起業の際のパソコン選び

起業してパソコンを用意しようと思った時に最低限このスペックを選んでおけば安心して事業をスタートできるというものをご案内したいと思います。

自分の会社のホームページを持つには?

あなたの会社の製品やサービスについて興味をもった人が会社名を検索しても、ホームページが出てこないとせっかくのビジネスチャンスを逃すことになるかもしれません。
ぜひ、起業する際には忘れずにホームページも用意しましょう。