· 

5Gについて

5Gなんて言葉をここ一年くらい耳にする機会が増えてきたと思います。5Gといってもなんとなく通信速度が速くなるみたいな漠然としたイメージしか湧かない人のために今回5Gがどういったことが出来てどのように社会に影響を与えるのかをご紹介したいと思います。

そもそも5Gとは?

5Gとは、ネットワークでスマホなどをつなぐための通信規格の一種です。今使っている通信規格は4Gが主流ですが、これまで1G~4Gまで時代によって通信規格がバージョンアップしていき最新の5Gが2020年3月から利用できるようになりましたがすべての人が無条件で自由に使えるわけではありません。現時点では、段階的にサービスの提供が開始された状態で、対応していない端末や場所も多数あります。5Gの実用化を目指し、国を挙げて整備や導入を進めています。

4Gと5Gとの違い

4Gと5Gの違いは、速さだけではありません。5Gの特徴としては3つの性能が挙げられています。「超高速・大容量通信」と「多数同時接続」、そして「超低遅延」です。

「超高速・大容量通信」は通信の速さ。5Gの場合、理論値として20Gbpsとされています。これは4Gの100倍ほどの通信速度です。

「多数同時接続」は、ひとつの通信基地局により多くの端末が接続できるようになるというもの。従来の10倍~100倍の接続数が実現するとされています。

最後に「超低遅延」。これはデータを要求してから、送られてくるまでの時間が短いということです。5Gにおいては、移動通信の遅延を1ミリ秒以下に短くします。1ミリ秒は、1,000分の1秒です。

4Gから5Gへの進化は、上記3つの要素を実現します。それらが実現することにより新しい技術が具体化するのです。

5G環境において実現出来ること

医療ではIoTを活用した遠隔手術支援が向上したり、建築現場や災害復旧現場など危険が伴う場合では、機器の遠隔操縦によって従事者の安全を守るなどの遠隔技術の向上が見込まれています。

 

・4K、8Kのライブを高精細な映像を少ないタイムラグで楽しめたり、自宅で視聴しているユーザーに臨場感のある映像を配信できるようになります。

 

ヘッドセットを用いて、高精細でスムーズな映像を楽しめたり、ライブやスタジアムイベント、オンラインゲームなどで活用され、没入感の高いコンテンツが生み出され、手元のデバイスやVRヘッドセットを用いて、マルチアングルでスポーツを観戦できたり、戦績などのデータやハイライトシーンもワンタッチで確認できるようになりARやVR機能が向上します。

 

・IOTの加速により医療では手術の精度・安全性、農業では収穫率や作業効率のアップなど、各分野で効果が期待されAIの解析精度が高くなります。

 

・もっとも期待されている5Gの用途の1つ、それが自動運転です。車両の状態や歩行者の位置、交通状況、デジタル地図「ダイナミックマップ」などの情報を常時サーバーと通信。非常時のハンドル制御や隊列走行によって、交通事故・交通渋滞は低減すると考えられています。

 

まとめ

これらが実現すれば生活がより快適に過ごせそうです。しかし、通信エリアやスポットがまだ限られていたり、5G対応の機器がまだあまり多く出ていないためまだ有効実用にはもう少し先になりそうですが今後もまだまだ5Gが話題にあがりそうなのでこれからの動向にも要チェックです!

【どっちを買えばいい?】WindowsとMacの違い

起業したり事務所や営業所を開設して新しくパソコンを購入する際に、まずWindowsパソコンにするかMacパソコンにするかという選択肢があります。
そこで今回はWindowsパソコンとMacパソコンの違いを解説したいと思います。

【SHARP複合機】スマホから直接印刷する方法

最近ではビジネスのメールのやり取りもスマホでする機会も多くなりました。
そこで今回はSHARPの複合機をお使いの場合に、スマホから直接プリントアウトする方法を解説します。

【メールでは送信できない】大容量ファイルを送る方法4選

大容量ファイルの受け渡しに使える方法を厳選して4つご紹介します。方法としては大きく分けて2通りのやり方があります。