· 

MOS資格を取得してみよう

1⃣ MOS資格とは?

 

MOS公式

 

MOS資格とはワードやエクセルを開発しているMicrosoftの公式の資格です。

 

マイクロソフト・オフィス・スペシャル資格を略して

 

MOS資格と呼ばれてます。

 

世界中で通用する資格なので、日本で取得しておくと

 

海外などでも使用することができる資格です!!

 

MOS資格の特徴は、実際に業務に沿った内容が試験として

 

出題される点です。

 

MOS資格の取得のために受験対策をすることで

 

会社の業務を円滑におこなうためのトレーニングにもなります。

 

MOS資格の受験勉強は、実際にワードやエクセルをビジネスにどう活かせるのかを

 

自然に学ぶことができるため、MOS資格の受験をしなくても会社の業務を

 

する上で、必ず役立つ資格です。

 

MOS資格には、ワードやエクセルの他にも、パワーポイントやアクセス

 

アウトルックなどもあります。

 

2⃣MOS資格の試験の概要

 

MOS公式

 

MOS資格の試験の概要はMOS公式サイトで確認することができます。

 

受験会場は全国で1700あり

 

ほぼ毎日どこかの会場で実施されてます。

 

受験方法は全国一斉試験と最寄りの試験会場で

 

受験できる随時試験があります。

 

全国一斉試験でも随時試験でも試験内容に違いはありません。

 

料金や取得できるMOS資格の種類にも違いはありません。

 

両者の違いは申込方法のみです。

 

全国一斉試験はオンラインや郵送で申し込みが可能です。

 

全国一斉試験の方が申込方法としては手軽にすることができます。

 

ですが、毎日開催してるというわけではなく

 

月に1~2回程度の実施となっています。

 

随時試験では、会場に直接行って申し込まなければなかったり

 

試験会場によっては申込方法は異なります。

 

※ 料金は試験内容により異なります。

 

試験の料金は試験内容によって異なります。

 

例えば、エクセルのエキスパートの試験であれば

 

一般価格は税込みで12,980円で、学割価格は税込で10,780円です。

 

エキスパートの試験ではなく一般レベルの試験であれば、エクセルの場合で一般価格が税込みで

 

10,780円で、学割価格は税込みで8,580円です。

 

受験料は一般レベルとエキスパートで違いはありますが

 

ワードやエクセルなどのソフトによる違いはありません。

 

いずれにしても決して安くない金額のため、事前の対策は必須ですね。

 

※エクセルかワードどちらかだけでも受験可能

 

MOS資格の試験はエクセルやワードなどの使い方を総合的に審査するというものでは

 

ありません。エクセルかワードのどちらかだけでも受験することが可能です。

 

どちらかに絞るということであれば、エクセルの方が使い方のアイデア次第で経営状況の

 

分析ができたり、複雑な計算をすることで

 

業務効率を上げることができるため、エクセルの技術を身につけておく方がおすすめです。

 

さらにエクセルやワードの中でも、バージョンによって

 

試験内容が異なり、その中でも上級レベルか一般レベルかでも分かれています。

 

3⃣エクセルとワードのMOS資格を

 

         取得するメリット

 

MOS公式

 

エクセルとワードのMOS資格を取得するとどんなメリットがあるの??

 

MOS資格はMicrosoftの公式の資格なので、信頼度は世界共通です。

 

日系企業と外資系企業のどちらで働くにしても役立つ資格です。

 

※国際資格で海外就職や外資系企業への

               転職にも有利

 

MOS資格は日本以外の国でも通用する国際資格です。

 

国際資格として認定されているため

 

日系企業だけでなく海外就職の際にも活用できます。

 

もちろん、海外就職する気がなくても、国内の外資系企業における

 

就職や転職にも有効な資格になります。

 

特にキャリアアップのために日系企業から外資系企業へと転職する人に

 

とっては、最初の年棒を決める給与交渉などにおいて

 

MOS資格があると非常に強力な武器になります。

 

※試験対策がそのまま仕事に活かせる

 

MOS資格の受験勉強は実際の業務に沿った内容になります。

 

つまりMOS資格の受験勉強をしていると同時に実際のオフィスワークでの

 

仕事の技術なども自ら身に付けることができています。

 

例えばエクセルの試験勉強の内容では、

 

実際にデータを入力して関数を用いて計算をして

 

グラフを作成するというようなトレーニングをすることになり

 

このことは、実際の業務でもよくあります。

 

受験に失敗したとしてもMOS資格の受験勉強で

 

学んだワードやエクセルの使い方による技術は必ず仕事に役立ちます。

 

4⃣エクセルとワードのMOS

   

    資格取得のための試験対策

 

MOS公式

 

エクセルとワードのMOS資格のための試験対策はどのような対策が必要か!

 

MOS資格では過去問なども公表されていないので

 

独学で闇雲に使い方を学んでいるだけでは

 

対処しきれない可能性もでてきます。

 

※独学で教材を購入

 

MOS資格取得を目指している人向けの教材も多く販売されています。

 

このような教材を購入して勉強すると

 

闇雲にワードやエクセルの使い方を勉強してるより効果的な試験対策になります。

 

また、対策講座を受講するよりも値段も安く

 

時間の縛りもないのでマイペースで勉強したい人には

 

教材を購入して勉強するのがおすすめです。

 

MOSの公式サイトでは、公式の教材の販売もされています。

 

試験を作っている機関が制作した教材なので、MOS資格取得の試験においては

 

非常に効果的です。

 

※対策講座を受講

 

MOS資格には、試験合格に向けた対策講座が開講されてます。

 

対策講座を利用する人も少なくないです。

 

対策講座を受講するとMOS資格の問題傾向や対策を熟知した

 

講師によるレクチャーを受けることができます。

 

独学で学ぶより、短い時間で確実にMOS資格の受験で使えるスキルが

 

身につきます。対策講座の中にはマンツーマンや、少人数での口座もあり

 

わからないとこがあればその場で質問することで

 

確実にスキルを身に付けることが可能です。

 

ただ、教材を購入するよりは値段は高額になってしまいます。

 

時間の縛りも出てくるので仕事をしながら取得を目指す人には

 

少し厳しいかもしれません。

 

MOS公式サイトでは、教材の販売や、対策講座の案内をしてます。

 

回部の機関ではなく、MOS資格を運営してるところが自ら開催してるので

 

最も、信頼感のある口座ですね。

 

 

5⃣エクセルとワードのMOS資格は

      

          就職には必須?

 

MOS公式

 

エクセルとワードのMOS資格は就職や転職には、絶対必要なものか。

 

経理やマーケティングなどのオフィスワークの仕事であれば

 

エクセルの使用は必須なので

 

使用できたほうがいいのは間違いないですね。

 

就職するときには、必要なくても仕事をするにはエクセルとワードの

 

使い方は最終的には学ばないといけません。

 

※経理や総務の管理職の中途入社は歓迎条件

 

経理や総務の管理職等の求人情報などを見ると

 

MOS資格必須とは記載されてないものの

 

基本的なPCスキルと記載されていることが大半です。

 

日常的にワードやエクセルの技術が求められる職種であっても

 

MOS資格が必須ではありませんが

 

資格を保持してる方が採用されやすくなる可能性があります。

 

日本には、MOS資格のほか様々なパソコン関係の資格があります。

 

そのため、MOS資格に限らずパソコン関係の資格があればそれでも

 

充分通用するでしょう。

 

その中でもMOS資格はMicrosoftの公式資格なので

 

ワードやエクセルに限ってはMOS資格が最も信頼度の高い資格と言えます。

 

※一般社員だと社内で研修をする

          ケースもあります

 

経理などのオフィスワークを中心とする職種の募集であっても

 

一般写真の場合は社内で改めてワードやエクセルの使用方法の研修を行ってる

 

企業も多く存在します。

 

既にワードやエクセルの使用方法を知ってる人にとっても

 

復習になります。

 

新入社員の基本的なスキル向上のためにも

 

まとめて研修するケースがほとんど。

 

しかし、入社前にワードやエクセルについてMOS資格を取るための

 

勉強をしてると、入社直前後でも事務作業無おいて

 

即戦力として活躍することができます。

 

研修で使用方法をひととおり教わったとしても

 

実際の業務で効率良く扱うには

 

慣れが必要になります。PCを扱う技術と知識を身につけることができるため

 

MOS資格を取得していると転職した時などでも

 

早く会社に馴染みさらにもう一歩進んだエクセルを用いた分析なども

 

することができます。

 

 

【ビジネスホンとは?】便利な機能と一般電話機との違い

【ビジネスホンとは?】便利な機能と一般電話機との違い

多くのオフィスではビジネスホンが導入されています。
小規模な事業では一般電話機を利用しているケースももちろんありますが、それでは一体どのような違いがあるのでしょうか。

【起業・独立】実際にオフィスが稼働するまでの流れ

起業または独立が決まり、新しく事業を始めるにあたりオフィスを用意される方は多いと思います。 そこで今回は実際にオフィスを開設し、業務をスタートできるようになるまでにどういった手続き、準備が必要なのか解説したいと思います。

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

起業・独立して事務所を借りたら事業をスタートするのにオフィスには色々と必要なものがあります。
必要なものをすべて初期費用0円のリースで揃えた場合の金額を紹介します。

【価格差は10倍以上!?】オフィス家具と一般家具の違い

【価格差は10倍以上!?】オフィス家具と一般家具の違い

いわゆるオフィス家具と呼ばれる家具の値段は倍以上、物によっては10倍以上するようなものも少なくありません。
オフィス家具と一般家具では何が違うのか、項目を分けて解説していきます