· 

【プリンタ】インクジェット方式とレーザー方式の違い

プリンタのインクジェット方式とレーザー方式の違い

インクジェット方式とレーザー方式の違い

オフィスや家庭で使われるプリンタの多くはインクジェット方式のプリンターとレーザー方式のプリンターです。

 

中でもオフィスではレーザープリンターが多く使われ、家庭用ではインクジェットプリンターが使われる場合が多いです。

 

それぞれの特性や特徴をよく理解せず使用していると無駄なコストが掛かったり思うような印刷ができてないかもしれません。

 

それでは両者にどういった違いがあるのか、解説していきます。

レーザープリンターとは

レーザープリンターのレーザー方式とは、ドラムと呼ばれる筒状の感光体の上にトナー(色のついた粉)を噴きつけ、それを用紙に押し付け印刷する方式です。

レーザー方式

レーザープリンターは印刷スピードが早く、また1つのトナーでの印刷枚数も多いのでトナー交換回数が減るため効率を求められるビジネスの場では多く採用されています。

 

また印刷コストもインクジェット方式に比べ安いので、日々書類などを大量にプリントが必要になるという面でもオフィスに向いていると言えます。

 

実際にオフィスで導入されているのは下の写真のような業務用のデジタルフルカラー複合機です。みなさんもコンビニなどで一度は利用したことがあるのではないでしょうか?

SHARPの最新機種 BP-60Cシリーズ
SHARPの最新機種 BP-60Cシリーズ

一方で、インクジェットプリンターと比べるとその方式から解像度の高い印刷にはあまり向いていません。繊細な色の表現力などはインクジェットプリンタに比べると劣ってしまうので、写真を綺麗に印刷したいといった使用用途がメインであればレーザープリンターは選ばない方がよいでしょう。

 

トナーの交換回数は少なくて済みますが、その分トナー1つの価格は高価なため、あまり多く印刷する必要がない場合にもレーザープリンターはおすすめできません。

レーザープリンターのメリット

・印刷スピードが速い

・1トナーあたりの印刷枚数が多い

・印刷コストが安い

・水に強い

レーザープリンターのデメリット

・解像度の高い写真などには向かない

・消費電力が大きい

・本体サイズが大きい

・メンテナンス費用が高い


インクジェットプリンターとは

インクジェットプリンターのインクジェット方式とは、プリンタ内にあるヘッドと呼ばれるインクを噴き出すノズルが複数ついた装置を動かし、必要な部分に必要な色を缶スプレーのように噴き付けて印刷する方式です。

 

基本的には青系のシアン(C)、赤系のマゼンタ(M)、黄色系のイエロー(Y)の三色のインクを塗り重ねることで印刷物を表現します。しかし黒色はこの三色ではキレイな表現が難しい為、ほとんどのインクジェットプリンターでは黒色のインク(BK)も搭載しています。

インクをセットしているところ
インクをセットしているところ
インクジェットプリンタのインク
インクジェットプリンタのインク

インクジェットプリンターの最大のメリットは、豊かな色表現が可能な為、自然の風景や人の肌の質感などを忠実に再現できることです。本体もコンパクトなものが多いため設置スペースの自由度も高く、本体価格も安価なため導入が容易な点もメリットです。また、印刷時に熱を用いないのでレーザープリンターに比べ消費電力も圧倒的に低く経済的です。

インクジェットプリンターのデメリットは、レーザープリンターに比べ印刷速度が遅いことです。またインクジェットプリンタのインクは比較的インク詰まりを起こしやすいため、インクの交換頻度も高めです。

印刷コストもレーザープリンターに比べて高いので大量印刷には向きません。

 

インクを用いた印刷なので、印刷物が水分に弱いのもデメリットです。水濡れなどはもちろん、蛍光マーカーの水分でも滲んでしまいますのでビジネス資料にはあまり向きません。

インクジェットプリンター

メリット

・写真などの繊細な表現力が高い

・本体がコンパクトで安価

・電力消費が少ない

インクジェットプリンターの

デメリット

・印刷速度が遅い

・インクの交換頻度が高く割高

・水分に対する滲みに弱い


どちらを選べばいい?

ここまでレーザープリンターとインクジェットプリンターの特徴について解説してきましたが、では実際どういう用途に適しているのか、具体的にご紹介したいと思います。

こんな場合はレーザープリンターがおすすめ!

資料やFAXのプリントアウトなど、文字が中心でモノクロ印刷が多く、写真プリントやフルカラー印刷はあまり必要ない場合はレーザープリンターがおすすめです。

ただトナーが高価なので、あまり大量に印刷しないのであれば無駄になってしまうかもしれないので注意しましょう。

 

ビジネスシーンで使うのであれば、家庭用の卓上のレーザープリンターではなく、業務用の複合機の導入も視野に入れましょう。リースで導入出来れば初期費用がかからない点も注目です。 

こんな場合はインクジェットプリンターがおすすめ!

写真をキレイに印刷したいのであればインクジェットプリンターがおすすめです。

 

最近のプリンタは安価な機種でもとてもキレイにプリントできるので、家庭で気軽に写真プリントを楽しみたい場合はインクジェットプリンターを選びましょう。

 

逆にビジネスシーンで利用したいと考えていいる方にはインクジェットプリンターはおすすめしません。

 

小規模でビジネスを始めるのでとりあえず安価なインクジェットプリンターを、と考えるかもしれませんが、やはり印刷速度や印刷コストが気になりすぐに買い替えてしまうからです。

 

 

ビジネスで使うのであれば、可能であれば業務用の複合機の導入をおすすめします。

関連記事

【新品本体価格は100万円以上!?】新品でコピー機を導入するメリット・デメリット

【新品本体価格は100万円以上!?】新品でコピー機を導入するメリット・デメリット

中古だと10万円以下で買えるようなものもある中で物によっては100万円以上する新品を導入することのメリットとデメリットを紹介したいと思います。

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

起業・独立して事務所を借りたら事業をスタートするのにオフィスには色々と必要なものがあります。
必要なものをすべて初期費用0円のリースで揃えた場合の金額を紹介します。

【SHARP複合機】スマホから直接印刷する方法

最近ではビジネスのメールのやり取りもスマホでする機会も多くなりました。
そこで今回はSHARPの複合機をお使いの場合に、スマホから直接プリントアウトする方法を解説します。