· 

【Windows11】フリーズしたアプリケーションを強制終了する方法

フリーズしたアプリケーションを強制終了する方法

【Windows11】フリーズしたアプリケーションを強制終了する方法

 

パソコンを使用していると何らかの原因でアプリケーションが反応しなくなり、終了も出来なくなることがあります。

 

何の操作も受け付けなくなってしまったアプリーケーションを終了させる方法をご紹介します。

強制終了する

操作を受け付けなくなってしまったアプリーケーションは、たいていは待っていれば操作出来るようになりますが、いくら待っても動かなくなる場合があります。

 

そうなってしまうとウインドウの✕ボタンをクリックしても終了することが出来ません。

フリーズして操作を受け付けなくなったアプリケーション

そこで「強制終了」という方法でアプリケーションを終了します。

 

今回はWindows11での操作説明ですが、Windows10でも同じ操作で強制終了が可能です。

タスクマネージャー

「スタート」ボタンを右クリックし、表示されるメニューの中から「タスクマネージャー」をクリックします。

スタートボタンを右クリック

またはキーボードの【Ctrl】+【Shift】+【Esc】キーを同時に押すことでも「タスクマネージャー」を起動することが可能です。

タスクマネージャーが表示されたら、終了したいアプリケーションをクリックして選択し、「タスクの終了(E)」をクリックします。

終了したいアプリケーションをクリックして選択する
タスクの終了をクリック

アプリが終了出来たことが確認出来たら✕ボタンをクリックし、タスクマネージャーを終了します。

 

 

 

以上、操作出来なくなったアプリケーションをタスクマネージャーを使用して強制終了する方法でした。

 

関連記事

officeの不具合-exelやoutlook-wordで不具合が出た時の対処法/

ExcelやOutlook、WordのMicrosoft officeが起動しなかったり、作成できない不具合が発生することがあります。その際に不具合を解消する方法を説明していきます。

office-2021の新機能とは

今回は、2021年10月5日にリリースされた Office2021(Windows版,Mac版) にて追加された新機能を確認していきたいと思います。

【メールでは送信できない】大容量ファイルを送る方法4選

大容量ファイルの受け渡しに使える方法を厳選して4つご紹介します。方法としては大きく分けて2通りのやり方があります。