· 

【パソコン初心者講座】タスクバーを隠して使う時だけ表示する方法

【パソコン初心者講座】タスクバーを隠して使う時だけ表示する方法

ノートパソコンは大きくてもディスプレイサイズが15インチほどで、特にウルトラブックと呼ばれる軽量ノートPCなどは12インチなどの小さいものが多いです。

 

出先での作業でもできるだけ作業スペースは広くしたいものです。

 

 

Windowsではデフォルトで画面下部にタスクバーが固定されています。

タスクバーは常に表示させているメリットもあまりありません。

 

なので使わない時は非表示して画面を広く使えるようにしてみましょう。

  

 

本記事では普段はタスクバーを隠しておいて使用する時だけ表示させる設定方法をご紹介します。

タスクバーを非表示にする

それでは具体的な手順です。

 

 

●まずはタスクバー上のアイコンなどがない所で右クリックします。

何もないところで右クリック
何もないところで右クリック

●タスクバーの動作をクリック→「タスクバーを自動的に隠す」にチェックマークを入れる

設定は以上で完了です。

●ウインドウを閉じ、タスクバーからカーソルを外すとタスクバーが隠れるようになります。

●タスクバーを表示させるにはカーソルを画面下へ移動させます

以上、Windows11でタスクバーを非表示にする方法のご紹介でした。

 

タスクバーを隠すことでデスクトップ画面もスッキリと見えるのでおすすめです。

【PR】パソコン重くなっていませんか?

【PR】パソコン設定・操作でお困りなら!

弊社でリース契約しているお客様はお得な料金で、また一般のお客様もリモートにてパソコンのお悩みを解決するサービスをご用意しております。

お気軽にお問い合わせください!

一般のお客様価格

こちらの記事も読まれています

Outlookのメールをバックアップする方法

Outlookのシステムの不調やパソコン自体の故障など万が一の事態に備えて、メールバックアップする方法をご紹介します。

officeの不具合-exelやoutlook-wordで不具合が出た時の対処法/

ExcelやOutlook、WordのMicrosoft officeが起動しなかったり、作成できない不具合が発生することがあります。その際に不具合を解消する方法を説明していきます。

【Win11】フリーズしたアプリケーションを強制終了する方法

パソコンを使用していると何らかの原因でアプリケーションが反応しなくなり、終了も出来なくなることがあります。
何の操作も受け付けなくなってしまったアプリーケーションを終了させる方法をご紹介します。