· 

キャッシュフロー計算書とは?読み方も含めて解説!!

キャッシュフロー計算書とは?

 

キャッシュフローとは、「お金の流れ」のことです。つまりキャッシュフロー計算書は、「お金の流れの財務諸表」になります。企業がどのようにお金を得て、何にお金を使ったかがまとめてある表ということです。

 

企業にとってお金流れを把握するのは経営状況を判断する上で重要です。

 

キャッシュフロー計算書でどのようにお金の流れを把握できるか確認していきましょう。

 

キャッシュフローとは?

上記にもある通りキャッシュフローとは「お金の流れ」です。

会社にキャッシュが入ることをキャッシュイン、出ていくことをキャッシュアウトと呼びます。

 

キャッシュフローは

キャッシュイン-キャッシュアウト=キャッシュフローになります。

キャッシュフロー計算書は現金主義で作成されます。

ここでいうキャッシュとは「現金」だけでなく「現金及び現金同等物」を指します。

「現金同等物」とは換金容易性があるものになります。3ヶ月以内に現金化が可能な短期投資になります。コマーシャルペーパーや定期預金の3ヶ月以内に満了になるものが含まれます。

 

3つのキャッシュフロー

キャッシュフロー計算書は3つの活動により区分されています。

「営業活動によるキャッシュフロー」「投資活動によるキャッシュフロー」「財務活動によるキャッシュフロー」の3つです。

 

それぞれの活動を解説します。

「営業活動によるキャッシュフロー」

営業活動によるキャッシュフローは企業の本業による活動から増減したキャッシュを表します。

 

この活動がプラスなら本業で成果がでていることになり、逆にマイナスだと本業に成果が出てないということです。

 

営業活動によるキャッシュフローには間接法と直接法の2種類があります。

基本的に企業は間接法で作成します。間接法の表示の方が簡単だからです。

「投資活動によるキャッシュフロー」

投資活動によるキャッシュフローは企業の投資活動から増減したキャッシュを表します。

有価証券や有形固定資産の売買などが反映されます。

基本的に本業の稼ぎの範疇で行われる形になります。

 

「財務活動によるキャッシュフロー」

財務活動によるキャッシュフローは資金の調達、返済から増減したキャッシュを表します。

 

銀行からの借入や返済、社債や株式の発行や配当などが含まれます。

「フリーキャッシュフロー」

フリーキャッシュフローとは、営業活動によるキャッシュフローから投資活動によるキャッシュフローを引いたキャッシュのことです。

フリーキャッシュフローがプラス分が企業の自由に使えるキャッシュということです。

フリーキャッシュフローが増えると、新たな事業への投資や固定資産の購入など資金繰りに余裕が生まれます。

【どっちを買えばいい?】WindowsとMacの違い

WindowsパソコンにするかMacパソコンにするかという選択肢があります。 WindowsパソコンとMacパソコンの違いを解説したいと思います。

会社のオリジナルのメールアドレスを作るには

会社のオリジナルのメールアドレスを作るには

独自ドメインを取得しないと「◯◯@gmail.com」や、「◯◯@yahoo.co.jp」など決まったものになってしまう為、自由にメールアドレスを決めることが出来ません。オリジナルのメールアドレスの作り方を解説!