· 

【その契約本当に大丈夫?】リプレースとは?

 

複合機の入れ替え提案にご注意!

 

 

 突然ですが、リースご契約のお客様で

 

「リースの残債無くすので新しく複合機入れ替えませんか?」

 

 などの勧誘を受けた方は多いのではないでしょうか。

 

 はっきり言わせていただきます。 悪徳業者の可能性が高いです

 

 弊社の日々頂くお問い合わせの中で、「今弊社と~万円で契約していて、別の販売店が今より安く提案してきています。これより安くできませんか?」

 

 というお問い合わせが年中寄せられます。

 

 結論から言うと、月々の金額は安くなるケースはあるかもしれませんが、99%の確率で総支払額が高くなります。

 

 仮に今より月額が下がるからと言って変えてしまうと相手方の思うつぼなので絶対に変えないでください。

 

今回はその理由と、どのような仕組みなのかということをご説明します。

 

・リプレース(リプレイス)とは

 

初めに説明させていただくリプレースという言葉。

 

これはリース契約期間中に別の複合機をリースして入れ替えをすることです。

 

ここで出る疑問としてはリースは中途解約できるの?ということだと思います。

 

一度でもリース契約をしてことがある方はご存じかと思いますが

基本的にリースは中途解約できません

 

 しかし「組み換え」は可能になっており、組み換え」というのがポイントになります。

 

 

 つまり・・・

 

 

旧リース契約のリース金額は新しいリース契約に上乗せされることになり

 

新たに6年前後のリースを組むことになります

 

 

 これが複合機の入れ替え提案によってもたらされる代理店への利益で、よっぽどのことがない限りお客様側は入れ替えるメリットがないことがわかります。

 

 

 特に起業してリース契約をして間もない、もしくは1,2年ほど経った頃のお客様がこのような提案をされると、月額だけを見て安くなると話を聞いてみようと思う気持ちはあるかと思いますが、前回の残リースが上乗せされていることを忘れずにおいてください。

 

 実際に弊社のお客様でも同じようなことが起き、後々お話を聞くと後悔されてる会社様が何社もいらっしゃいます。

 

 代理店のメリットのためにこのような仕組みが存在していますので、そのような代理店から営業が来た際には、「会社名 評判」「会社名 詐欺」などで検索してみても色々出てくると思います。

 鵜呑みにしなくてもよいですが、参考にはなると思います。

 

・営業の電話が来たらどうすればいいの?

 

 まずは弊社にご連絡ください。

 

 その後提案されたお見積書を基に、弊社だとどのような内容、金額になるのかお話しさせていただきます。

(複合機などは印刷速度などで単価が変わり、月々の印刷枚数によってカウンター保守の料金が変動するため同条件にする必要があり、その際にお見積もりがあれば確実に条件を合わせることが出来ます。)

 

●最後に

 

 一見、お客様の立場からすると「リース残金がなくなって新しい複合機が入るならいいかな」と思いがちですが、そこが落とし穴です。

 

 ほとんどの場合が残リースを上乗せして新しいリースを組まされるでしょう。

 

 「リース残金は新しい物件に追加するので複合機を入れ替えませんか?」と言われたらどうでしょうか。

 

 カウンター料金(平均:モノクロ3円・カラー20円)がかなり高い、リース期間がまだあるのに保守契約が切れそうなど、何か問題がある方以外は特に入れ替える必要もないと思います。

 

 

 もしお話しが来たら一度冷静になって考えてみてください。

 

ご相談もお待ちしておりますのでよろしくお願い致します。

 

関連記事

 【事務所選びに困ったら?】レンタルオフィスでの起業

【事務所選びに困ったら?】レンタルオフィスでの起業

従来型の賃貸オフィスは初期費用が大きい、自宅利用はオンオフの切り替えが難しそうなどの問題があって、なかなか決められない人もいるのではないでしょうか。 今回はレンタルオフィスのメリットやデメリットをご紹介します。

事務所を選んだその後は-光回線工事とは

光回線工事は、「光回線のインターネットを利用するために必ず実施しなければいけない工事」です。  光回線工事が行われていない住宅内では、光ファイバーケーブルが引き込まれておらず、光回線のインターネットを利用することができません。

【新品本体価格は100万円以上!?】新品でコピー機を導入するメリット・デメリット

【新品本体価格は100万円以上!?】新品でコピー機を導入するメリット・デメリット

中古だと10万円以下で買えるようなものもある中で物によっては100万円以上する新品を導入することのメリットとデメリットを紹介したいと思います。