· 

大規模通信障害

先日、au回線において大規模通信障害が発生しました。現在は完全復旧していますが次にいつどこのキャリアがなってもおかしくありません。今回の原因と通信障害以外にもインターネットや電話が繋がらない時の対処法を紹介したいと思います。

・原因

今回の障害発生の原因となったのはコアネットワークのルーターを交換した際に、なぜか音声通話が一部不通となったことにあるようです。

そこでKDDIでは、ルーターを元のものに戻して対処を図りましたが、その間に4Gのネットワークで音声通話をする「VoLTE」をつかさどる「VoLTE交換機」の部分でアクセス集中が発生。輻輳状態に陥り、それがネットワークの他の部分にも影響して大規模通信障害に至ったと説明がありました。

輻輳とは、様々なものが1箇所に集中する状態を指します。通信分野では、インターネット回線や電話回線にアクセスが集中することを輻輳と呼び、インターネット回線や電話回線で輻輳が発生すると、通信速度が低下する、あるいは通信システムそのものがダウンするといった弊害が生じます。

・接続できないときは?

機内モードまたは電源のON・OFFを試してみる。

 

一度接続している電波を機内モード遮断してみてください。それでも繋がらなければ電源の再起動をしてみましょう。この2点は比較的簡単に症状の改善が見込めます。

 

予備の回線を契約する。

 

スマートフォンの中には「SIMカード」と呼ばれるカードが挿入されており、SIMカードに電話番号やメールアドレスなどの情報が記憶されています。最近のスマートフォンには、「デュアルSIM」と呼ばれるSIMカードが2枚挿入できる機種があります。また、iPhoneはSIMカードが1枚しかできませんが、iPhone XS以降の機種には「eSIM」と呼ばれる、デジタルのSIMカードを認識することができます。

この方法を使うと2つの携帯会社と契約することが出来ます。

また、違う回線のポケットWi-Fiでも効果的が見込まれます。

 

インターネットの環境を整える。

まだご自宅でのみの対処になりますがご自宅でインターネット環境を整えることで電話は出来ませんネットの情報を仕入れることが出来るようになりますので整えることをオススメします。

 

今回はauが通信障害を発生させてしまいましたが次はどこが発生してもおかしくありません。ですので通信障害が発生する前に事前準備や予備知識を蓄えて大規模通信障害に備えましょう。

 

弊社では光回線工事の手続きを代行でいたします!

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

事務所を選んだその後は-光回線工事とは

光回線工事は、「光回線のインターネットを利用するために必ず実施しなければいけない工事」です。  光回線工事が行われていない住宅内では、光ファイバーケーブルが引き込まれておらず、光回線のインターネットを利用することができません。

【ビジネスホンとは?】便利な機能と一般電話機との違い

【ビジネスホンとは?】便利な機能と一般電話機との違い

多くのオフィスではビジネスホンが導入されています。
小規模な事業では一般電話機を利用しているケースももちろんありますが、それでは一体どのような違いがあるのでしょうか。

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

【起業・独立が決まったら】オフィスに必要なものとリース料金

起業・独立して事務所を借りたら事業をスタートするのにオフィスには色々と必要なものがあります。
必要なものをすべて初期費用0円のリースで揃えた場合の金額を紹介します。