· 

【京セラ複合機】スキャンの設定方法

京セラ複合機のスキャン設定方法

 

【京セラ複合機】スキャンの設定方法

 

複合機で読み込んだ書類をパソコンに送信する方法をご紹介します。

 

共有フォルダの設定

 

まずスキャンで読み込んだ書類を受信したいパソコンで共有フォルダの設定を完了します。

共有設定については詳しくはこちらをご覧ください。

 

※パソコンにログインパスワードが設定されていない場合、パスワード保護共有を無効にする必要があります。

 

保存先フォルダを用意する

 

読み込んだ書類を保存するための共有フォルダを作成します。

 

エクスプローラーからPC→Cドライブの直下に「scan」という名前で作成します。

 

エクスプローラーを開き左のメニューからPCをクリック
エクスプローラーを開き左のメニューからPCをクリック
「scan」というフォルダを作成し共有フォルダ設定をする
「scan」というフォルダを作成し共有フォルダ設定をする

 

必要な情報を確認する

 

左下の検索窓に「cmd」と入力しEnterキーを押しコマンドプロンプトを起動します。

 

 

検索窓に「cmd」と入力してEnter
検索窓に「cmd」と入力してEnter

 

 

コマンドプロンプトが起動したら「net config workstation」と入力しEnterを押します。

 

 

 

情報が表示されたことを確認します。

後ほど必要になりますのでコマンドプロンプトは起動したままにしておきます。

 

インターネットブラウザから複合機にアクセスする

 

インターネットブラウザ(IEやChromeなど)を立ち上げ、アドレスに複合機のIPアドレスを入力しEnterを押します。

(複合機のIPアドレスがわからない場合複合機本体から確認するか、管理者に問い合わせてください)

 

複合機の管理画面が開いたら、アドレス帳管理→個人追加と進みます。

 

 

 

先程コマンドプロンプトで表示させた情報から以下の内容を入力します。

名前:スキャン時に送信先を区別するための名前です。任意の名前を入力します。

名前(フリガナ):あまり使うことはないので a と入力します。

ホスト名:コマンドプロンプトからフルコンピューター名をコピーしてペーストします。

ポート番号:入力されているままで大丈夫です。

パスscan と入力します。

ログインユーザー名:コマンドプロンプトからユーザー名をコピーしてペーストします。

ログインパスワード:パソコンのログインパスワードを入力します。

  •  

 

「テスト」をクリックし、接続が成功したのが確認できたら「設定」をクリックし、エラーが出なければ設定完了です。

 

※パソコンのサインインをマイクロソフトアカウントで設定している場合、上手くいかないことがあります。その場合、ローカルアカウントでサインインに変更することで上手くいく場合があります。

 

 

以上、京セラ複合機でのスキャンの設定方法のご紹介でした。